drei Besucher, darunter zwei Kinder, schauen sich Vitrine mit Münzen an
© SKD, Foto: David Pinzer

コインキャビネット

 ドレスデンコインキャビネットは約300,000点の所蔵を誇りドイツ最大で最古の世界中のコインコレクションであるとともに、その所蔵量は欧州最大級に属します。2004年アルベルティヌムでの常設コインコレクションが閉鎖されて以来、今では小規模な区画に特設展示でのみ展示されています。2015年6月にレジデンス城のゲオルゲン館にあるコインキャビネットはかねてから竣工が待たれていた新設の常設展示設備が始まり、これにともないコインコレクション開始当時の場所に復帰することになります。従って同時に城の復興における継続的段階が完了可能になります。約4,000点の展示物が350 m²の展示スペースで多様性並びにコイン及びメダルの歴史的意味を表します。所蔵品は中でもザクセンの古銭学的オブジョの世界最大のコレクションを含んでおり、古代から現代まで全ての国のコイン、歴史的及び現代のメダル、勲章類、銀行紙幣及び歴史的有価証券、コインスタンプやメダルスタンプ、印鑑、モデル、貨幣以前の支払手段並びにコイン技術的装置や機器類に分類されます。

入館料

コインキャビネット図書館の使用は無料です。

 

 

 

コインキャビネット

コインキャビネット

Google-Karte anzeigen
トップに