Büste einer Frau mit Flechtfrisur
Skulpturensammlung, © Staatliche Kunstsammlungen Dresden, Foto: Martin Förster

彫刻コレクション

ドレスデンの彫刻コレクションは古代文化から欧州彫刻の全時代をはじめ現代に至るまで五千年を超える作品を所蔵しています:ポリクレート、ジャンボローニャ、ペルモーザー、ロダン、レームブルックからグレックナーやチミオッティ等が所蔵されています。美術館の主要な展示物である古代彫刻コレクションは数年後にはゼンパー館の新展示構内に移管されます。この建物は古代彫刻の展示専用に設計されました。現代の作品はオーギュスト・ロダンのアルベルティヌムでの新規展示をもって始まります。展示される古典的現代彫刻及び1945年以降の彫刻作品はロダンの基本的コンセプトである芸術の主観性を現代に至るまで継承しています。 高品質な所蔵はコレクションの長年の沿革を物語っています。本美術館の発祥は実は美術チャンバーにまで遡りますが、「古代及び現代彫刻コレクション」を設置しドレスデンをバロック建築と彫刻のメッカに仕上げたのはアウグスト強王に他なりません。2012年4月に開館された新研究保管庫では古代の小型所蔵品や古代地中海諸国の日常器具やカルト装具を鑑賞可能です。ここでは大型彫刻が大部分を占めるのではなく、これらの所蔵はエジプト、ギリシア、エトルリア、ローマの生活に基づく実物原作のコレクションです。

入館料

アルベルティヌムの入館: 彫刻コレクション及びノイエマイスター絵画ギャラリー 入館料: 10ユーロ 割引料金: 7.5ユーロ 17歳未満の未成年者無料 10人以上グループ、一人当たり:9ユーロ

彫刻コレクション

彫刻コレクション

Google-Karte anzeigen

彫刻コレクション

トップに