Raum mit langem, zusammengesetztem Tisch und verschiedenen Sitzen
© SKD, Foto: Tomáš Souček

美術工芸博物館

5月から10月まで美術工芸博物館では選帝侯の生活に普段では見られない一瞥を目をそそる建築美で構成されたシーンの中で鑑賞可能です。ザクセン宮廷の離宮であり夏場の別荘でもあったピルニッツ城はドレスデン都心から数キロ離れたエルベ川とワイン畑の丘に挟まれた牧歌的な立地にあります。多くの絢爛でザクセン選帝侯及び王と結びつきのあるオブジェ及びルームがここに維持されています。金装飾の玉座、独特な銀製家具並びにその他ザクセン選帝侯と王の宮廷工房による高潔で優秀な作品が贅沢と優美さを追求したことの現物証拠品です。ここでは宮廷ワインセラーの手間をかけて絵が描かれ研磨されたグラス、ダマスク織、刺繍、レース並びに、イタリアのマジョーリカ、デルフトのファイエンス、ドイツの石細工の王家コレクションから選び抜かれた所蔵品を鑑賞することができます。1963年以来以上のコレクションはピルニッツ城の水の宮殿と山の宮殿に置かれています。近年にはこれらのコレクションに現代的な国際的デザイナーによる優秀な作品が追加され充実した鑑賞がさらに高まりました

入館料

入館料「博物館チケット」
美術工芸博物館、宮城美術館、公園、及び、植物館
通常の入館料: 8ユーロ
割引入館料: 6ユーロ
17歳未満の未成年者:無料
10人以上グループ、一人当たり: 7ユーロ

ピルニッツ城及び公園見学には別途入場料が掛かります。

美術工芸博物館

Interaktive Google Maps Karte von 美術工芸博物館
トップに